金魚には底面フィルターがおすすめ!濾過能力が高いのに値段は安い!

去年の夏祭りの時から金魚飼育を始めたYs子さん、金魚が少し大きくなってきたようです。金魚飼育にも慣れてきたということで、濾過の強化に興味を持ち始めたらしく・・・

Ys子さん
金魚水槽に外掛けフィルターを使ってるのですが、金魚がかなり大きくなって・・・

金魚の数も多いと濾過も足りなくなってくるかもしれませんね。

Ys子さん
そうなんですよ。調べてたら濾過を強化した方が良さそうなんですよね。でも、どうすれば良いかわからなくて。

金魚水槽なら底面フィルターがおすすめですよ。凄くリーズナブルだし。

Ys子さん
底面フィルター?

そうそう、底面フィルター。濾過能力が凄いので、糞の多い金魚水槽にはとってもおすすめです。

個人的には底面フィルターが大好きです。しかし、本音を言うと、近くのホームセンターでは取り扱っていということで、かなりマニアックなイメージがあります。

というわけで、今日は
 
金魚水槽には底面フィルターがおすすめ!
 
というテーマを取り上げてみたいと思います。底面フィルターのメリットとデメリットを知った上で、Yさんの金魚水槽にも是非設置して欲しいと思います。
 

SPONSORED LINK
 


 

底面フィルターがなぜ金魚水槽におすすめなのか!?

まずは底面フィルターの設置方法を動画で見てみましょう。見なくてもいいという方は飛ばしてください。

底面フィルターは凄いと言っても、何がどう凄いのか全く伝わらないと思うので、底面フィルターの何が凄いのかということを紹介したいと思います。

底面フィルターをおすすめする理由は次の2点。

底面フィルターのメリット
  • 底砂をろ材として使用するので濾過能力が高い
  • 非常に安価

 
凄くシンプルですね。安くて能力が高いというたったこれだけの理由です。では、何故そんなに濾過能力が高いのでしょうか?

例えば、金魚水槽で良く使用されている外掛けフィルターや上部フィルターをイメージしてみてください。ろ材を入れるところってそんなに多くないですよね。上部フィルターはある程度多いかもしれませんが、それでも限られています。

では、底面フィルターのろ材はどの程度の量でしょうか?

実は、底面フィルターの場合は底砂全部がろ材の役目を果たしているということになります。ですから、オーバーフロー水槽には劣りますが、底面フィルターの生物濾過としての濾過能力は非常に高いということです。

しかも、機構が非常にシンプル。部品も少なくて壊れることも殆どありません。ですから、価格も非常に安価な物が多い。

ちなみに、色んなメーカーが商品化していますが、基本的にシンプルな機構なのでどのメーカーの商品も大差ないでしょう。濾過能力ということを優先的に考えた場合、底面フィルターの構造の問題よりもろ材である底砂の種類や量が重要です。

つまり、底面フィルターならどのメーカーの商品でも全ておすすめということになりますね。

Ys子さん
底面フィルターって凄いんですね!でも、何か一つくらいは欠点あるでしょう?

実は底面フィルターにはデメリットがあります。どのようなデメリットでしょうか?
 

底面フィルターはおすすめ!でもデメリットもある!

底面フィルターのデメリットは次の3点です。

底面フィルターのデメリット
  • 底床にゴミが溜まる
  • メンテナンスができない
  • 水草水槽にはあまり向いていない

 
底面フィルターは底砂全体が物理濾過と生物濾過を担っています。つまり、物理濾過のフィルターも兼ねているということは、自動的にゴミが取り除かれて水槽の外に出て行くということが無いと言うことです。

補助的に物理濾過目的で外掛けフィルターなどを使用するのもおすすめですね。

外掛けフィルターを使用しても、やはり底砂の掃除をある程度こまめに行なわなければなりません。掃除をしなければ、底面フィルターが詰まってしまい、上手く機能しない可能性もあります。そうなってしまったら大掛かりなメンテナンスが必要となりますよね。

定期的な底砂の掃除についてはこちらの記事も参考にしてください。

実は、底面フィルターのメンテナンスというのは水槽をほぼリセット状態にするしかないのです。これってかなり大変な作業ですよね。これが底面フィルターの最も大きなデメリットではないでしょうか。

また、今回は金魚用ということなので、水草水槽というジャンルではありませんが、水草水槽には向いていないと言われています。

私は一時期底面フィルターを設置した水槽で水草を大量に植えたこともありましたが、やはりメンテナンス時ということを考えると底面フィルターは不向き。そんな時は、流木や石に活着させた陰性植物を楽しみましょう。
 

まとめ

今回、金魚飼育に底面フィルターを使ってみてはどうかということでおすすめしてきました。底面フィルターの原理は山に降った雨が地面で濾過されていくのと同じです。自然に一番近い濾過システムということになります。

そんな底面フィルターのおすすめポイントをもう一度おさらいしておきましょう。

私が金魚飼育に底面フィルターをおすすめする理由はこちらの2点。

  • 底砂をろ材として使用するので濾過能力が高い
  • 非常に安価

 
簡単に言うと、安くて能力が高いということです。凄くシンプルですね。但し、エアリフト式の場合は底面フィルターに別途ポンプが必要ですので、それを考えるとそんなに安価というわけではないのかもしれません。

しかし、元々エアレーションをしている場合には、ポンプの新規購入は不要です。ですから、かなり安価で底面フィルターを設置できるのではないでしょうか。

是非あなたも底面フィルターを使ってみてください。きっと金魚達も大喜びですよ。

SPONSORED LINK