メダカの針子にはどんな餌?メリットとデメリットを考えよう!

先日ヤフオクで購入したメダカの卵がぽつぽつと孵化してきました。メダカの卵に関してはこちらの記事をご覧ください。

この前買ったメダカの卵が孵化してきたよ。

思ったよりも小さいね。

稚魚っていうより、針みたいだから針子って言うらしいよ。

そういや前にもメダカ飼ってたけど、針子の時って見たことないや。餌とかどうしてたの?

前は屋外で放置してたから、針子用の餌なんてあげてなかったよ。

えっ!?それでいいの?

いや~、あんまり良くないかな。だから今回はちょっと真面目に餌について考えてみようかと思ってるんだけど、情報が多くてわからなくて。

市販の稚魚用の餌じゃダメなのかな?

とりあえず、現在は市販の稚魚用の粉末の餌を与えてみたのですが、まだヨークサックがあるので餌は不要みたいです。

メダカの針子が生まれたが餌は何を?

メダカの針子が生まれたが餌は何を?

というわけで、今日は
 
メダカの針子にはどんな餌を与えるのが良いの?
 
ということについて調べてみました。最近は少し心の余裕もできてきたので、色んなことに挑戦してみたいと思います。ですから、まずは下調べからという感じですね。もしかすると、あなたもメダカの餌に関する情報が多過ぎて迷っているかもしれませんね。でも、もう大丈夫です。一緒にメダカの針子を大きく成長させましょう!
 

SPONSORED LINK
 


 

メダカの針子は一般的にどんな餌を与えるの?

メダカは卵から孵化してからある程度大きくなるまでが難しいというのは私も良くわかっています。こちらの記事に稚魚の育成に関することはまとめたので、大まかな育成方法については大丈夫だと思います。

しかし、同じように飼育していても成長度合いが全然違ってくるということは非常に多いようです。そんな時にはこちらの動画が参考になりますね。

多くの稚魚を一つの容器で育てると、なかなか成長しない個体が多いという場合には少数飼いをすると良いということですね。場所とか環境とかの問題があって難しいかもしれませんが、とても参考になりました。

しかし、現在最も頭を悩ませているのは、どんな餌を与えれば良いのかということです。メダカの針子に与える餌と言えば、

  • 人工飼料
  • グリーンウォーター(青水)
  • ゾウリムシ

というところが一般的のようです。では、何故このような餌が好まれているのでしょうか?それは、大前提として針子の口の大きさで食べられることです。メダカの針子は口の大きさが約0.3mm。ですから、0.3mm以下の大きさの餌でなければ食べられません。

そして、栄養価が高いということも一つのポイントですね。それでは、それぞれについてメリットとデメリットも踏まえてもう少し詳しく見ていきましょう。
 

SPONSORED LINK
 


 

針子の育成にはバランス栄養食の人工飼料を!

メダカの針子育成用の餌として、最も手が掛からないのは稚魚用の人工飼料を購入することです。人工飼料のメリットとデメリットを考えてみましょう。

人工飼料のメリット
  • 手間が掛からない
  • 栄養バランスが良い
  • どこでも入手できる

 

人工飼料のデメリット
  • 食べ残しによって水質が悪化する
  • 食いつきが悪い可能性がある

 
最近の人工飼料は非常に栄養価が高く、バランスが取れている商品が多くなっています。ですから、メダカの飼育になるべく手間を掛けたくないという場合には針子の餌として人工飼料を与えるのが良いでしょう。

但し、注意しなければならないのは餌の大きさですね。稚魚用の餌として販売されている人工飼料には同じメーカーでも粒の大きさが違うものがありますが、針子育成に向いているのは最も小さな粉末タイプの商品です。

また、成魚用の人工飼料を細かく磨り潰して針子の餌として与えるのも良いと思います。しかし、磨り潰す道具や手間ということを考えると、稚魚用の餌として売られている商品を購入することをお勧めします。
 
では、人工飼料以外について見ていきましょう。まずはグリーンウォーターから。

メダカや金魚の針子飼育に最も適しているのはグリーンウォーターだった!

メダカや金魚のブリーダーはグリーンウォーターで針子を飼育をされている方が殆どではないでしょうか。それは、凄いメリットがあるからですね。グリーンウォーターの主成分は緑藻類です。つまり、植物プランクトンが豊富ということですね。

グリーンウォーターのメリット
  • 水質を浄化してくれる
  • 栄養価が高い
  • 生存率を上げることができる

 

グリーンウォーターのデメリット
  • 維持するのが難しい
  • 中が見えないので鑑賞には不向き
  • 害虫などが侵入しても発見し辛い
  • 濃過ぎると酸欠になる可能性もある

 
前述したように、グリーンウォーターは主に植物性プランクトンなので、生体が排出したものを栄養とします。ですから、水質を浄化してくれるので水替えの頻度を少なくすることもできるのですが、やはり見た目が良くないですよね。観賞魚としてメダカを飼育しているのに、鑑賞ができない状態というのは良くありません。

ですから、グリーンウォーターを針子の餌とするのは、ブリーダーにとっては最善の方法だと思いますが、そうでない場合はちょっと手を出しにくいのではないでしょうか。

鑑賞用に向いている針子の餌ってないの?

そんな時にはゾウリムシ!!
 

針子には生餌を!簡単に培養できるゾウリムシが最適!

今まで生餌と言えば、勝手に繁殖したボウフラくらいしか与えたことがなかったのですが、メダカの針子はボウフラを食べることはできません。逆に食べられてしまうことがあるかも・・・

ということで、今度挑戦してみようと思っているのが単細胞生物のゾウリムシです。ゾウリムシの大きさは0.05mm~0.2mmなので、針子の餌としては最適ですよね。

ゾウリムシのメリット
  • 食いつきが良い
  • 栄養価が高い
  • 培養が簡単

 

ゾウリムシのデメリット
  • 夏はニオイがきつい
  • 成魚の餌としては物足りない

 

ゾウリムシは単細胞生物なので、細胞分裂によってどんどん増殖します。ですから、培養は比較的簡単ということですね。ブラインシュリンプなどと比較するとかなり簡単なのではないでしょうか。

ゾウリムシを培養するには、まずゾウリムシを入手しなければなりませんが、楽天やヤフオクで簡単に入手できます。是非挑戦してみてください。

デメリットとしては、ニオイがきついということですね。特に夏場の高温時には気を付けた方が良いかもしれません。でも、その他にはデメリットと呼べるほどのことも無いので、メダカの針子用の餌としてはかなり優秀なのではないかと考えます。
 

まとめ

今日は、メダカの針子に与える餌について考えてみました。ここでは取り上げませんでしたが、他にもミドリムシクロレラなども有名ですが、培養が少し難しそうだったので取り上げませんでした。楽天市場で検索すると購入できますので、興味のある方は挑戦してみてください。

では、もう一度記事を振り返ってみたいと思います。

一般的に針子の餌として用いられるのは次の3種類でしょう。

  • 人工飼料
  • グリーンウォーター(青水)
  • ゾウリムシ

それぞれにメリットとデメリットがありますが、その中でも私が一番気になっているのがゾウリムシです。簡単に培養出来て針子の餌としても最適なので、挑戦してみたいと思います。

早速注文してみたので、また別記事にて報告したいと思います。

SPONSORED LINK