小型水槽に外部フィルターを設置!おすすめはありますか?

アクアリウムを始めた頃、上部フィルタや投げ込みフィルタ、それから外掛けフィルタについては見た目も使い方も凄く解り易いイメージがありました。ホームセンターでも沢山の種類を扱ってますし。

しかし、外部フィルタとなると、ちょっと敷居が高い気がしませんか?

marinさん
小型水槽を買おうと思うんだけど、濾過は外部フィルタにしようかと思ってるんですよ!

いいですね!でも、急にどうしたんです?

marinさん
ちょっとだけ水本格的に草水槽を作りたくて。CO2も添加して。

なるほど!水草水槽なら外部フィルタの方が良いかもしれませんね。見た目もすっきりするし。

marinさん
でも、どれを買えば良いかわからなくて困ってるんですよ。小型水槽におすすめの外部フィルタってあります?

確かに、外掛けフィルターなんかだと、メーカーが違ってもそれ程性能差を感じないような気がしますよね。だからどの機種が良いかなんて迷わず、お店にある商品を買うという感じでした。

しかし、外部フィルタとなると少し事情が違いますよね。

というわけで、今日は
 
小型水槽に外部フィルターを!おすすめは?
 
というテーマを取り上げてみたいと思います。私自身、今まで外部フィルターは2回しか使用したことが無いので、何がおすすめなのかと聞かれても即答できませんでした。marinさんには、色々な面から考えておすすめ商品を伝えることにしました。
 

SPONSORED LINK
 


 

小型水槽用の外部フィルターと言えば・・・

以前60cm水槽で使用していた外部フィルタは今はもう無いメーカーのようで、動かなくなったので放置。そろそろ取り外して捨てようかと思ってますが。そして、現在は30cm水槽でテトラのVAX-30を使用しています。

水中モーターの外部フィルターってどうなの?

って思っていたのですが、凄く静かで快適ですね。フィルター掃除も、こんな感じでラクラクです。

動画ではちょっと失敗(水漏れ)していましたが、失敗する方が珍しいですね。では、小型水槽用の外部フィルターは他にどのような商品があるでしょうか。表にまとめてみました。

メーカー 商品名 参考価格
エーハイム アクアコンパクト2005 4,980円
コトブキ工芸 パワーボックスSVミニ 3,430円
スドー エデニックシェルトV3 4,980円
テトラ VAX-30 3,200円
GEX メガパワー2045 3,140円

 
他にもニッソーの商品があるようなのですが、通販サイトでは販売されていませんでした。保守部品はあったのですが、本体が入手できないようなので省かせて頂きました。

表の参考価格はcharm楽天市場店の現在の価格を表記しました。思ったよりも価格差があるのも驚きです。意外とスドーの商品が高いのもびっくりでした。

私は手頃な価格ということで、テトラのVAX-30を購入したのですが、やはり人気はエーハイムのアクアコンパクト2005(下の画像)のようです。

外部フィルターと言えばエーハイムというイメージもあるくらい、定評のあるメーカーですよね。以前、ヤフオクで中古品を購入しようと思って狙っていたのですが、すぐに価格が上がってしまって落札できませんでした。

エーハイムの商品は大型水槽用だけではなく、小型水槽用のコンパクトな商品についてもかなりの人気のようです。しかも、品薄です。

というわけで、小型水槽用の外部フィルターとしておすすめの商品はエーハイムのアクアコンパクト2005です。

その理由を次の章で説明したいと思います。
 

SPONSORED LINK
 


 

各社の外部フィルターを比較してみよう!

上記の商品のスペックを抜き出し、下の表に記載してみました。(仕様に書かれていない値がありましたので、その欄に関しては空白にしてあります。)

商品名 流量(60Hz) 濾過槽容積 対象水槽
アクアコンパクト2005 60~360L/h 1.5リットル 50リットルまで
パワーボックスSVミニ 240L/h 1.5リットル 40リットルまで
エデニックシェルトV3 165L/h 25リットルまで
VAX-30 288L/h 35リットルまで
メガパワー2045 168L/h 1.1リットル 10~35リットル

 
濾過能力に大きく関わってくるのが濾過槽容積ではないかと思います。エデニックシェルトV3とVAX-30に関しては仕様書に記載がなかったので除外します(形状が特殊なので少ないことが予想されます)が、アクアコンパクト2005とパワーボックスSVミニが1.5リットルと大きいことがわかりました。

更に、アクアコンパクトが優れていると思う点がありました。それは、流量が可変可能というところです。他の機種では周波数によって多少の違いはありますが、可変はできません。しかも、最大360L/hという値も他の機種を大きく引き離していますね。

marinさん
でも、エーハイムってちょっと高価じゃないですか?

本当にそうでしょうか?
 

外部フィルターの価格面から考えてみよう!

では、それぞれの商品を価格面から考えてみたいと思います。

一番安い商品がGEXのメガパワー2045です。しかし、たまたまcharmが安いのか、他の通販サイトを見るともっと高いようです。ちなみに、うちの近くの実店舗では5千円くらいで販売されてました。価格差にびっくりですね。

VAX-30についてはどこも似たような価格で購入できるようです。安定の低価格ですね。では、エーハイムのアクアコンパクト2005はというと、4,980円

確かに高いです。しかし、50リットルの水槽(60cm規格水槽の水少な目くらい)まで使用可能ということも考えると、寧ろコストパフォーマンスは高いと言えます。

それだけではありません。外部フィルターは長く使用できるものですよね。しかし、長く使用するには色々な交換部品も必要になってきます。そんな時に、比較的流通量が多いのがエーハイム商品です。また、エーハイムの商品に使用できる他社部品もありますので安心です。
 

まとめ

今日は小型水槽用の外部フィルターについて取り上げてみました。marinさんには、

小型水槽におすすめの外部フィルターはエーハイムのアクアコンパクト2005ですね!!

と伝えるつもりです。エーハイムを購入しておけば間違いないですね。

なぜなら、小型水槽からもう少し大きな水槽に変える必要が出てきたときにも外部フィルターはそのまま使用できるからです。そう考えた時に、コストパフォーナマンスはかなり高いでしょう。

そして、外部フィルターは愛着を持って長く使いたい商品であるからこそ、メンテナンス部品なども流通量の多いエーハイムの外部フィルターを使っていれば安心です。外部フィルターのメンテナンスに関しては、こちらの記事も参考にしてください。

でも、他の商品が悪いということはないので、そこは勘違いしないでください。現に、私はテトラのVAX-30を使用していますが、非常に使い易くて良い商品だと感じています。ですから、最後はあなたの好みで選んでください!

SPONSORED LINK