金魚の年齢は大きさで判断できるのか!?

金魚の長寿記録って40歳なんだそうです。日本ではなく海外の記録のようですが、40年は凄いですよね。もし、今から飼う金魚が40年も生きてたら・・・もしかしたら自分の方が先に死んでしまうなんてこともあるかもしれませんね。

marin
少し前に知り合いから金魚を貰ったんですけどね、何歳くらいってわかりますか?今、体長が5cmくらいかな。

金魚の年齢か~~~。
全然わかんないね~。でも、どうして?

marin
繁殖とかそろそろできるのかなって思って。年齢である程度わかるのかと・・・

金魚の繁殖とかもあんまり考えたことないから、よくわからないですね。でも、金魚の年齢って大きさである程度わかるものなのかなぁ?

金魚の年齢を聞かれても、そういうことに関しては全くの素人なのでさっぱりわかりません。そもそも、金魚の繁殖って何歳くらいで可能なのでしょう?

というわけで、今日は
 
金魚の年齢と大きさの関係は?
 
というテーマを取り上げてみたいと思います。金魚の年齢がわかったところで、何がどうなるというわけでもありません。しかし、話題を提供するという意味ではある程度の年齢がわかっていると良いですよね。
 

SPONSORED LINK
 


 

金魚の年齢は大きさからは判断できないってホント?

前述しましたが、金魚の長寿記録は40歳です。しかし、40年も生きていなくても十分貫禄が出てきますね。こちらの金魚は15年前にお祭りでとった金魚なんだそうです。巨大ですね。

動画の水槽に「マリーナM」という表示があったので、GEXのホームページで調べてみたところ、水槽の横幅が35.9cmと書かれていました。それを踏まえてもう一度見てみましょう。

凄く狭そうに感じます。推定体長10cm以上、尾鰭も入れたら15cm以上のように見えます。

15年も飼ってるとこんなに大きくなるのかぁ~~。

なんて考えたのですが、実は、金魚の大きさというのは飼育環境や飼育方法によって大きく違ってきます。

例えば同じ明け2歳でも、5cmくらいの金魚もいれば10cm以上に成長する金魚もいます。極端な話、2~3cmという場合もありますので、本当に千差万別という感じですね。

つまり、金魚の大きさは飼育環境によって大きく異なるので、年齢と大きさには関係が無いということになります。

簡単に言うと、その金魚の年齢というのは、その金魚を卵から育てた人にしかわからないということになります。もし、金魚の大きさである程度の年齢を推測できるとすれば、残念ながら稚魚の間だけ。

金魚は卵から孵化すると針子と呼ばれる、針のように細く灰色の体色をしています。成長速度にばらつきがあるので一概には言えませんが、針子が成長して金魚らしい色が出るまでには50日~60日掛かります。

ですから、まだ色変わりしていない状態の稚魚の場合のみ、今年の春に生まれた金魚だということになります。(ちなみに、今年生まれの金魚のことを当歳魚と言います。)しかし、それ以降になると金魚の年齢を推測することは困難。

繁殖については、生後2年程経過すると繁殖可能と言われることが多いのですが、実は生後1年未満でも繁殖可能な場合もあります。つまり、繁殖に関しても年齢で決められないということになります。
ですから、金魚は個体差や成長速度によって大きく異なる部分が多いということですね。

marin
じゃあ、金魚の年齢を判別する方法がないってこと?

実は、金魚の年齢を判別する方法はあります。大きさでは判別不可能ですが、良く知られているのが次の2つの方法です。

  • 鱗(うろこ)による年齢判別
  • 耳石(じせき)による年齢判別

その方法についてもう少し詳しく見ていきましょう。

SPONSORED LINK
 


 

金魚の体には年輪が刻まれている!?

鱗や耳石を観察することで、金魚の年齢を知ることができます。鱗はわかりますが、耳石って何か知ってますか?

耳石は耳の中にあるカルシウム結晶からなる組織です。平衡感覚と聴覚に深く関係する組織で、勿論人間にもあります。めまいなんかがする人は耳石に異常があるようですね。

そんな鱗や耳石には、実は、木の年輪と同じような年輪ができるのです。ですから、その年輪を数えれば金魚の年齢が判別できるということになります。

金魚の大きさではわからなかった年齢が、鱗や耳石を見ることで判別できるなんて凄いですよね。でも、ちょっと待ってください。

何匹も何匹も金魚を見ているようなプロ級の人なら、鱗や耳石を見て年齢を判別することは可能ですが、私のような素人には絶対に無理ですよね。しかも、鱗は鱗が剥がれたり病気になることで正確な年齢がわからないのです。更に、難しい点がありました。それは、

  • 金魚の鱗を剥がさなければ判別が難しい
  • 金魚を解剖しなければ耳石を取り出すことができない

という点です。つまり、可愛い金魚を飼育する立場の私達は生きたままの金魚の正確な年齢を知る術がないということになります。鱗に関しては精度の良いカメラで撮影すればある程度はわかるかもしれませんが、なかなか難しいのではないでしょうか。
 

まとめ

今日は、金魚の大きさから年齢の判別ができないかということを取り上げてみました。その結論としては、
 
金魚は大きさで年齢を判別することは不可能
 
ということがわかりました。金魚の年齢を判別する方法としては、

  • 鱗(うろこ)による年齢判別
  • 耳石(じせき)による年齢判別

という方法もありますが、私のような素人には無理だということもわかりました。

しかし、今回のmarinさんの悩みは

marin
そろそろ飼ってる金魚も繁殖できる年齢かな?

ということだったので、頑張って年齢判別する必要もないでしょう。

成長速度の違いや個体差があるので一概には言えませんが、金魚は生れてから1年未満でも繁殖可能ですので、もしかするとmarinさんの飼っている金魚は既に繁殖できるかもしれません。

そんなに焦らずにあと1年くらい飼育してから金魚の繁殖に挑戦するのも良いと思いますけど・・・

SPONSORED LINK